~個別指導学習塾は民間教育のビッグチャンス~
学校教育のスリム化が進む中,民間教育の重要度はますます大きくなっていきます。

学歴社会と一流企業志向の根強さ

学習塾・予備校などの民間教育が求められる背景には、様々な要因がありますが、根底には学歴社会と一流企業志向があります。
その意識が「少子化」、「親の経済的余裕」と相乗して、高校・大学への進学率の上昇と なり、それは必然的に受験の競争となっています。

「ゆとり教育」から「学力の二極分化」へ

2002年に「ゆとり教育」の総決算と言われた「新学習指導要領」が施行されました。
しかし、世論からの「学力低下」への懸念から、徐々に国の方針も方向転換されてきています。 現在では「学力低下」と共に「学力の二極分化」の問題も浮上しており、こういった学校教育の不安定さが現代の子供達の学習に影響を及ぼしています。

親の願望は子供の成長

制度というものは、時代によって変わっていくということは、致し方ないことですが、ただ親の立場として、子供達が本来持っている個性や能力を伸ばすことを願望としていることは、いつの時代も変わらないものです。

こんな方を募集しています。


学習塾経営・教育業界の知識や経験は必要ありません。開業への意欲があれば、本部が36年間で蓄積したノウハウを提供致しますので安心して経営できます。

>>詳しくはこちら